FC2ブログ
北海道・札幌やススキノの衣住食
北海道・札幌やススキノの衣住食について書いていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鮨処うえの
丁寧、真面目な「江戸前」

シメる、炙(あぶ)る、漬ける、煮る。ネタのひとつひとつに、丁寧な仕事を施す江戸前ずし。札幌にも“江戸前”を謳(うた)う店は多いが、ここ「鮨処うえの」ほど、そのスタイルにこだわる店も、少ないはずだ。

 店主の上野広幸さん(47)が、すすきのの老舗すし店から独立し、店を開いたのは今から8年前。当初は、生のネタを中心に扱っていたが、知人の薦めで東京の「すし與兵衛(よへえ)」の握りを食べたことをきっかけに、江戸前ずしの魅力にはまってしまった。

 それからというもの、食べ歩きで地道に研究を重ね、いまや「生のままネタとして扱うのは、ウニとマグロぐらいでしょうか」と上野さん。

 例えばシマアジは、軽く皮を炙ってから、薄く3枚に切り、一貫に握る。九州産の大きなアワビも、酒でじっくりと炊き軟らかな歯触りに。イカは、仕込んでから丸一日寝かせることで、サクサクとした食感とコクのある甘みを引き出している。

 それら手の込んだ仕事は、いずれも「シャリとネタが口の中で混然一体となり、お互いの味を引き立てるように」となされるもの。食べてみると、確かにシャリとネタのバランスが絶妙で、のみ込むときには、両者が同時に喉(のど)の奥へと入っていく。

 あまりの美味(おい)しさに思わず笑みを浮かべていると、「もともとのネタがいいんですから、それにひと手間加えれば、もっと美味しくなるはずでしょ」と上野さんもニッコリ。

 その言葉通り、ネタには全国各地から取り寄せた一級品の魚介がずらりと並ぶ。なかでもマグロは、青森の大間産か、道南の戸井地方で揚がった本マグロを使用。そのマグロですら、ただ切って握るのではない。身のスジを丁寧に抜き、よりなめらかな食感に仕上げているのだ。

 その仕事ぶりを、同業者で「○鮨」店主の川崎武司さん(50)も「上野さんのすしは“真面目(まじめ)なすし”。誠実な人柄が、握りにも表れていますよね」と称賛する。

 握りや肴(さかな)に合わせる酒の仕入れは、奥さんの千鶴さん(42)が担当。石川県の「常きげん」や山形県の「十四代」、新潟県の「根知男山」など、酒飲みには堪(たま)らない銘柄が揃(そろ)う。レギュラーメニュー以外にも、季節のお酒が入るというから、日本酒好きの方は、奥さんに一声かけてみてはいかがだろう。

 いまも年に数回、東京や神奈川へ出向き、すしの食べ歩きを続けている上野さん。「お客様に満足してもらえるよう、日々精進です」と話す笑顔の裏には“江戸前”に対する熱い想(おも)いが秘められている。

★ 住所
札幌市中央区南6西3、ジョイフルサッポロ1階
★ 電話
011・513・0567
★ 営業時間
午後5時30分~11時(ラストオーダー午後10時30分)
★ 定休日
日曜・祝日



【主なメニュー】

 おまかせのみで握りだけなら7350円~。肴と、お酒を飲むなら1万2000円ほどが目安


(読売新聞引用)
【2007/04/20 11:50】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<運動員買収容疑で陣営幹部を逮捕 札幌市議選 | ホーム | 串揚げ専門店 かつら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ほしのあき本物の着替え盗撮発見!!
人気グラドルほしのあきの盗撮映像が流出して話題をよんだが、流出した映像は、どうやら現段階で10種類近くあるといわれています。有名なのが、着替え盗撮映像です。海外のショップの試着室で、ほしのの無防備な生着替えシーンを撮影したものでタンクトップを脱いだほしのが
【2007/04/20 13:38】 | ほしのあき本物の着替え盗撮発見!!
| ホーム |
プロフィール

ギャランティ

Author:ギャランティ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。