FC2ブログ
北海道・札幌やススキノの衣住食
北海道・札幌やススキノの衣住食について書いていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
地元野菜で「おふくろの味」 期間限定レストラン ニセコ
【ニセコ】「ニセコ農産加工研究サークル」(久保貞子代表)は、町内の「ホテル甘露の森」で、五月末までの期間限定レストラン「じゅうごばぁ」を開店、丁寧な手作り料理を提供している。十五人の“おばちゃん”が集まったことにちなんだユニークな店名だ。メンバーは「ニセコで採れた野菜と、代々受け継がれたおふくろの味を味わって」と意気込む。

 同サークルは、料理好きの主婦らが集まり、地元食材を活用した加工品を生み出そうと一九九六年に発足。ジャガイモを使った「ニョッキ」を道外に販売するなどの活動を展開している。イベントで短期的に食事を提供したことはあるが、飲食店を開くのは今回初めて。

 同ホテルの松橋京子支配人の呼びかけに応え、出店した。メンバーの一人、松田裕子さん(50)は「ニセコの季節の味を提供しながら、おふくろの味を伝承していきたい。食育にもつながるはず」と話す。

 食材にはニセコ町産のジャガイモや大豆、カボチャなどを使った。「ジャガイモのきんぴら」「ホウレンソウとニンジンの白和え」など素朴なおふくろの味がずらり。雪解けが進めばフキノトウだけでなく、ウドやコゴミなどの山菜もメニューに加える予定だ。「看板ばあさんだよ」と笑う菊地昌子さん(82)は「素人ばかりで大変ですが、若い人との交流が楽しい」と調理に加わっている。

 メニューは「田舎御膳(ごぜん)」(千二百円)、「おもてなし御膳」(千五百円)、そばやいも団子汁などの単品も用意している。五月三十一日まで(期間中は無休)。営業時間は午前十一時半から午後二時半まで。問い合わせは同ホテル(電)0136・58・3800へ。

(北海道新聞引用)
【2007/04/16 12:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<札幌ドーム弁当/北海道駅弁行脚 | ホーム | すすきのヘルス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

ギャランティ

Author:ギャランティ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。