FC2ブログ
北海道・札幌やススキノの衣住食
北海道・札幌やススキノの衣住食について書いていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
55市町村に79後援会 移転時の3倍 日ハム着々道民球団に
二十日に札幌ドームで開幕戦を迎える北海道日本ハムの私設後援会や公式ファンクラブ会員数が増え続けている。北海道移転時の二〇〇四年夏に二十五団体だった後援会は、現在は道内五十五市町村七十九団体と三倍以上に、ファンクラブ会員も三万九千人から六万八千人と倍近くになった。

 開幕戦チケットも完売、道民球団として浸透してきた。球団は「後援会百団体、ファンクラブ会員十万人」と目標を掲げる。

 後援会は、道内各地の地域住民がつくる日本ハムの応援組織。観戦ツアーを組んだり、選手やコーチなどを招いてイベントを開催し、球団と地域との結びつきを深めている。

 移転直後は札幌市内で発足するケースが多かったが、道内各地に広がった。今年二月二日に胆振管内白老町で発足した「日本ハムファイターズしらおい後援会」は、一カ月余りで約二百人の会員を集めた。紺谷浩光幹事長は「社会人野球のチームもある『野球のまち・白老』に、日ハム後援会がないのはおかしいということでつくった。月一回のペースでドームに応援にいきたい」と意気込む。

 年会費一人三千円のファンクラブは関連グッズのプレゼントなどの特典がある。道内試合観戦者のうち、ファンクラブ会員は平均30%程度で、球団は「あとの70%をファンクラブに取り込むのが課題。後援会も道内町村の三分の一程度で、まだまだ拡大する余地はある」と話す。
【2008/03/19 09:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<後期高齢者医療来月スタート 見えぬ保険料、募る不安 制度難解 | ホーム | 人事院と共同調査 農水省 道農業公社職員との飲食問題>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

ギャランティ

Author:ギャランティ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。