FC2ブログ
北海道・札幌やススキノの衣住食
北海道・札幌やススキノの衣住食について書いていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
灯油急騰 弱者への打撃防がねば
北海道の冬の生活必需品である灯油の価格が急騰している。

 指標となるコープさっぽろの配達価格は十二月一日から、札幌地区が一リットル当たり九十六円などと、一気に十七円引き上げられる。

 石油元売り各社の卸値引き上げで十一月から十二月にかけての仕入れコストが最大十八円増加する見通しのためという。上昇は全道に波及し、他の小売業者も大幅引き上げが見込まれる。

 四年前に比べると二倍近い。異常な高騰だ。第二次オイルショック後、「百円灯油」が登場した一九八二年ごろの高値の再現となる。

 冬の寒さはこれからが本番だ。道民の家計に一段と厳しく、特にぎりぎりの生活をしている生活保護世帯や年金生活者らには大打撃だ。これら生活弱者の生計を考え、不安を和らげる対策がまず必要だ。

 今後も灯油の高騰が続くようであれば生活保護世帯に対し、何らかの手当てが欠かせない。生活保護費の冬季加算などの増額を積雪寒冷地の東北各県とともに国に働きかけることができないか。

 道内では年金生活の高齢者、障害者の世帯、一人親家庭などに灯油の購入費を助成する福祉灯油制度がある。急激に値上がりした今冬、新たに北広島、美唄両市などが制度を復活させた。この動きも広げたい。

 生活弱者の実態を調べるなど、きめの細かい目配りが必要だ。

 道内の消費者団体や生協連は灯油にかかる消費税の時限的な軽減や国家備蓄石油の緊急放出などを求めている。道など自治体、議会もこの異常事態にもっと声を上げ、灯油の価格抑制を政府に求めるべきだ。

 昨冬は暖冬だったが、今年の冬の訪れは早い。室温を下げて厚着をする、カーテンを厚手にするなど灯油節約の動きが広がっている。

 しかし、価格が高騰しては暖房費節減にも限度がある。年金生活の高齢者世帯では病院の通院費を削らなくてはならないとの声も上がっている。

 しかも、食用油などに続き、この冬にはパンやみそ、電気、タクシー料金などの値上げが予定される。収入が増えない中で食品や公共料金の値上げラッシュが続く。年明け以降は石油インフレ、消費不況が懸念されるほどだ。

 原油高騰は投機資金の流入など複雑な要素が絡む。海外の動きが背景にあるから打つ手は限られるかもしれない。しかし、灯油をはじめ石油製品の価格は市場メカニズムに任せるとの政府の傍観者的な姿勢では困る。

 このところの円高で原油調達コストはやや軽減されるはずだ。政府には灯油の価格抑制を石油元売り会社に働きかけるなど、厳しさが増す冬の暮らしへの配慮を求めたい。
【2007/11/29 12:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
家族ら無念「こんなことになるとは」
氷点下10度の厳しい冷え込みの中、奇跡を願った家族らに最悪の知らせが届いた。「残念で悔しい」「こんなことになるとは」。北海道・十勝岳連峰の上ホロカメットク山の雪崩事故。ふもとの捜索本部がある旅館は24日、4人の死亡が確認され重苦しい雰囲気に包まれた。

 午前6時半、自衛隊や警察などの捜索隊110人は雪の中に埋まったとき電波で位置が分かるビーコンやシャベルなどを持って旅館を出発した。午前8時すぎ、緑の毛布に包まれて白いソリで運ばれた3人が登山口に到着。すぐ救急車に移され病院へ。泣きながら何度も呼び掛ける家族の姿もあった。

 山岳会の仲間の畠山廸子(はたけやま・みちこ)さん(73)=札幌市=は「残念で悔しい。みんな真摯(しんし)に山を歩いていた。ショックだ」と目に涙を浮かべた。登山関係者によると、メンバーは全員50年から3年の冬山登山の経験があったという。

 行方不明になっていた助田陽一さん(68)の死亡が確認されたとの知らせは24日午前11時ごろ、家族が待つ旅館に届いた。長男岳史さん(35)は「これまでいろいろな山に登ってきた父がまさかこんなことになるとは」と唇をかんだ。助田さんの娘は病院で「いつもはとても元気な父なので、信じられない」。

 助田さんと十数年来の知人という札幌市の主婦(73)は「夫婦仲が良く、どこに行くにも一緒だった。山が好きで、馬力のある登りをする人だった」と沈痛な表情。一緒に雪崩に巻き込まれ救助された一行のリーダー中村喜吉さん(60)は「予兆は全くなかった。突然大きな音がして上を見上げると雪が降ってきた」と話した。

【2007/11/25 17:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
俳優・イッセー尾形さんの公演で販売 手作りグッズ 世界へ 札幌の木造アパートの2階から… 共同作業所の15人
映画や舞台で活躍する俳優イッセー尾形さんの公演で販売されるTシャツやバッグなどのグッズを、札幌市北区の共同作業所の仲間たちが作り続けている。日本全国だけでなくロンドン、ベルリン、ミュンヘンの公演でも並べられる真心の品々。俳優とその仲間たちが築きあげた友情の形が、築三十年以上になる木造アパートの二階から、世界に向けて発信されている。

 北区新琴似の「札幌麻生コスモス作業所」。十八-六十五歳までの知的、身体障害者十五人が週六日通っている。

 作業所を運営する林庸子さん(46)は元ヘアメークアーティスト。一九九四年、CM撮影でイッセーさんと出会った。夫の光路(みつる)さんとの結婚を機に来札、翌二○○○年に光路さんの父が運営していた作業所を引き継いだ。

 手芸や染色が趣味だった林さんが皆で何かできることはないだろうかとグッズ作りをイッセーさんの事務所に持ちかけたのが始まりだ。

 古い大漁旗を利用した前掛け(三千五百円)、イッセーさんのイラストがはいったTシャツ(三千円)、メモ帳(五百円)など全部で二十二種類ある。裁断機で厚紙を切る、ミシンでバッグを縫う、古布の余分な糸を取る…一人一人が、自分に合った仕事を午前九時から午後四時まで行う。

 メモ帳作りを担当する北区の女性(59)はグッズを手に取るファンの笑顔を思い浮かべながら、下敷きを使って画用紙を一枚ずつ切る。「自分が作ったグッズが世界のいろんなところで手にとってもらえるのはうれしくて不思議な感じがする」

 これまでも数回、イッセーさんは作業所を訪れ、似顔絵をプレゼントするなどして交流を深めてきた。イッセーさんは「作業所で美しく分けられた古布を見て、カタカタというミシンの音を聞いて、終演後のグッズにサインする手に思わず力が入るようになりました」と振り返る。

 十二月二十一-二十三日には、中央区のかでる2・7でイッセーさんの札幌公演が開かれる。最近、作業所では同公演限定で販売されるしめ縄を作り始めた。わらを木づちでたたいて編み、四種類用意する。林さんは「これからも手作りの作品を届けていきたい」と、公演を心待ちにしている。
【2007/11/20 19:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
洞爺湖サミット 「歓迎に非ず」抗議デモ 札幌でNGO関係者ら
来年七月の北海道洞爺湖サミット開催に抗議する道内の非政府組織(NGO)関係者や大学生ら約三十人が十八日、札幌市中央区で初のデモを行った。「G8(主要八カ国)の首脳だけで勝手に世界のことを決めるな」などと訴え、約一時間行進した。

 参加者は「サミット歓迎に非(あら)ず」「NO!G8」などと書いた横断幕を掲げ、同日正午に大通公園を出発。ドラムをたたき、音楽を響かせながら、繁華街を行進した。道警が車両と警察官を出して警備活動をした。

 実行委によると、抗議デモは多数の市民にサミットの実態や課題を知ってもらうことが主な狙い。明確な反対派だけでなく、幅広い層との連携を目指す趣旨から、横断幕の表記は「反対」でなく「歓迎に非ず」としたという。

【2007/11/19 18:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
庄司の後輩4人が会場で応援/W杯バレー
<W杯バレーボール女子:日本3-1ペルー>◇初日◇9日◇札幌・北海道立総合体育センター

 庄司夕起(25=パイオニア)の母校で、09年3月での廃校が決まっている妹背牛商の女子バレー部が、08年北京五輪行きを願った。この日、小沢敦部長(33)とともに3年生4人が会場に駆けつけた。修学旅行で来られなかった2年生を含む全22部員が寄せ書きしトレーナーを通じて庄司に贈った。伊藤美幸元主将(3年)は「先輩が全日本で戦っていることを全員が誇りに思っている」と話した
【2007/11/11 18:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
道警科捜研が覆面暴走男を目だけで特定
時速148キロで一般道を暴走した2人の男が、9日までに相次いで逮捕された。北海道警旭川方面本部交通課は、乗用車で国道を88キロオーバーで走行した滝川市の無職山本友昭容疑者(22)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。山本容疑者は上着で顔を隠していたが、道警科捜研が違反時の撮影画像から同容疑者を特定した。

 悪質な覆面暴走男を、道警が執念で追い詰めた。道警旭川方面交通課の調べでは、山本容疑者は5月15日午前0時19分ごろ、深川市音江町の国道12号線を、制限速度の時速60キロを88キロオーバーする時速148キロで乗用車を運転した疑い。同容疑者は取り締まりを逃れるため、顔を衣服で隠した上、本来とは別のナンバープレートをつけた乗用車を運転しており「顔を隠せば捕まらないと思っていた」などと供述している。

 同課によると、同国道の自動速度取り締まり装置(オービス)の撮影画像では、山本容疑者は右手でハンドルを握り、左手で白い上着をつかみ、背中側から額までを覆って運転。体を沈めた運転姿勢で鼻も口も車のダッシュボードに隠れており、顔の判別が難しい写真だった。

 しかし、時速148キロで走行中だけに、目までは隠せなかったと見え、かろうじて両目周辺は写っていたという。同課では道警科捜研に撮影画像の鑑定を依頼。目、まゆ、鼻上部の形状や骨格の分析から同容疑者を特定し、8日の逮捕に結び付けた。

 現場の国道は、深夜には交通量が減るため、事故には至らなかった。道警旭川方面本部では「88キロオーバーは、少なくとも今年の管内の違反では最悪だ」としている
【2007/11/11 18:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
3歳首切られけが 母親と保育園から帰宅中 札幌・南区
九日午後五時十五分ごろ、札幌市南区真駒内曙町一のあけぼの団地十三号棟前の路上で、この棟に住むパート従業員西本めぐみさん(25)の長男恭介君(3つ)が男に切りつけられた、とめぐみさんの家族から110番通報があった。恭介君は首に切り傷を負っており、札幌南署は傷害事件とみて調べている。

 調べでは、恭介君の傷は左耳から肩にかけて長さ五・五センチ、深さ数ミリで全治十日間。鋭利な刃物によるものとみられる。

 同署によると、めぐみさんは恭介君と保育園から帰宅する途中、自宅前の路上に差し掛かった際、恭介君が「男の人が…。痛い、痛い」と泣き出し、首に傷があることに気付いたという。めぐみさんは「見知らぬ人が物陰から近づき、その直後に息子が泣いた」と話している。男は四十代以上で、黒っぽい服を着てセカンドバッグを手にしており、走って逃げたとみられる。

 同署は、男が恭介君の首を刃物で切り付けた可能性があるとみて調べている。
【2007/11/10 11:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
兄の妻を殺人容疑で逮捕 長野の24歳女性殺害事件
長野県富士見町の介護員五味絵里子さん(24)が自宅で殺害された事件で、県警茅野署捜査本部は9日、殺人容疑で、絵里子さんの兄の妻で作業所指導員五味咲容疑者(24)=富士見町富士見3252ノ2=を逮捕した。

 調べでは、咲容疑者は7日午後3時55分ごろから午後8時40分ごろの間、絵里子さんの首などを包丁で何度も刺すなどして殺害した疑い。

 遺体の頭や首に多数の刺し傷や切り傷があったことから、捜査本部は恨みによる犯行の可能性が高いとみて、動機を追及している。

 咲容疑者は数年前に絵里子さんの兄と結婚。咲容疑者の夫婦と絵里子さんは一時同居していたが、現在は同町内の別の場所に住んでいる。捜査本部は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 7日午後8時40分ごろ、帰宅した母親(53)が、玄関近くの廊下で死亡している絵里子さんを発見した。
【2007/11/09 14:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
フェリーで女性行方不明 室蘭
【室蘭】室蘭海保に入った連絡によると、四日午前六時十五分に青森港に到着した、室蘭港発の東日本フェリー(函館)のカーフェリー「びなす」(七、一九八トン)で、女性乗客一人が行方不明になった。

 調べでは、下船時に乗客数が合わず、船内に荷物が残されていた。目撃証言から女性は三、四十代とみられる。同社は今年九月から乗船名簿に住所や年齢の記入を義務づけておらず、荷物にも身元を示すものがなかったため氏名等は特定できていない。同海保などは海に転落した可能性があるとみて、巡視艇やヘリコプターで捜索している。
【2007/11/05 15:28】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1)
渡島信金の減給不合理 函館地裁 未払い賃金180万円支払い命令
【函館】一方的な雇用条件の変更で不当に減給されたとして、渡島信金(渡島管内森町、伊藤新吉理事長)の職員、星野憲治さん(59)=函館市=が同信金を相手取り、未払い賃金約三百四十万円の支払いを求めた訴訟の判決が二日、函館地裁であった。東海林保裁判長は同信金の措置を「合理的と言えない」とし、百八十七万円の支払いを命じた。

 判決によると、同信金は労組への提案もなく一九九八年、五十五歳からの昇給停止と、五十六歳からの本給5%減額を実施した。

 星野さんも五十五歳になった二○○三年四月、この雇用条件を適用され、「一方的な不利益変更で無効」として、○六年二月に提訴。昇給停止と減給がなければ得られたとする賃金などの支払いを求めた。

 同信金側は「判決文を見ていないので、コメントは差し控えたい」としている。
【2007/11/03 20:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
自主回収中の消火器が破裂 札幌 2機種4件
札幌市消費者センターは一日、市内のマンションでスプレー式簡易消火器が破裂する事故が十月に発生したと発表した。同様の事故は全国各地で四百件以上発生しており、同センターは注意を呼びかけている。

 同センターによると、十月二十五日午後十一時ごろ、同市西区のマンションの一室で、台所の引き出しにあった簡易消火器が破裂。引き出しの一部に穴が開いたが、けが人はいなかった。

 破裂した簡易消火器は防災設備機器メーカー「ヤマトプロテック」(東京)の「ヤマトボーイKT」で、品質保証期限を過ぎていた。同社は二○○一年十一月から○二年七月にかけて製造した同機種と「FMボーイK」の二機種計十八万四千本について、不具合があるとして、今年四月から自主回収を行っている。

 同センターの調べでは、札幌市内では今回の事故以外にこの二機種の破裂事故が四件発生しているが、けが人はいない。ヤマトプロテックは道内に三千六百四本を出荷している。同社の相談窓口はフリーダイヤル0120・801・084。
【2007/11/02 11:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

ギャランティ

Author:ギャランティ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。